水素水の効能を維持する飲み方はコレ!

水素水の効能・効果をMAXで発揮する飲み方って知ってる?

健康のため、美容のために水素水を毎日の生活に取り入れる際、効能を維持しより効果を発揮するためにもぜひ気をつけたいことがいくつかあります。

 

 

 

温度

 

水素は熱に弱いので、水素水は加熱してしまうと水素がなくなってしまいます。

 

なので、温度には気を付けた方がいいです。

 

よってコーヒー、お茶、料理用ではなく常温でそのまま飲むのがベストです。

 

どうしても温めて飲みたい場合は人肌程度にしておきましょう。

 

飲むスピード

 

飲むスピードもとっても大事です。

 

開封後30分以内が目安、キャップを開けっぱなしで放置し続けるとただの水になってしまい効果がほとんどなくなってしまうので要注意です。

 

コップに移すとまず移すときに水素がとんでしまいますし、移したあとは表面積がおおきくなりさらにとんでしまいます。

 

1時間程で水素量は半分程になってしまうというデータもでているので、できればボトルのまま飲み、こまめにキャップを閉めるのがおすすめです。

 

 

 

飲み残してしまった場合、いちどに飲みきらず何度かに分けて飲む場合は、アルミパウチタイプのものであれば、なかの空気を抜けるだけ抜いてから(キャップ部分を上にし、パウチ部分をゆっくり押して飲み口の部分から中身がこぼれないぎりぎりの水位をキープしてキャップを閉める)と水素をキープできます。

 

基本的にいつ飲んでもよい、どれだけ飲んでもよい水素水ですが、効能である抗酸化作用などを得るためには飲むタイミングやシチュエーション、目的に合わせた摂取量などが大事になってきます。

 

水素水の効能・効果が一番発揮できるタイミングとは?

 

基本的にいつ飲んでもよい、どれだけ飲んでもよい水素水ですが、効能である抗酸化作用などを得るためには飲むタイミングやシチュエーション、目的に合わせた摂取量などが大事になってきます。

 

 

 

まずいちばんよいタイミングは朝起きてすぐ、目覚めの一杯です。

 

 

 

朝食を摂る前、コーヒーなどを飲む前に飲むことで内臓やからだのすみずみまで抗酸化作用が働くうえ、腸をほどよく刺激することで便秘にも効果があります。

 

シチューションとしては疲れを感じたとき、体調がすぐれないときなどがおすすめです。

 

水素水は糖分やカフェイン、添加物を含まずノンカロリーなので、栄養ドリンクやエナジードリンクに比べてあらゆる点でヘルシーです。

 

 

 

量は1日1本でじゅうぶんですが、商品によって内容量が違うので目安としては350mlから500mlです。

 

飲みすぎが健康への害になることはないため、水やお茶代わりに1リットル以上飲んでもまったく大丈夫です。

 

しかし、むくみや胃腸不良などを防ぐためにもトイレは絶対我慢せず、また汗でしっかり排出するためにもストレッチやウォーキングなどの適度な運動を心がけ基礎代謝と新陳代謝を高めることも大事です。

 

肝機能が低下しているとき、肝臓障害などの自覚症状や既往症がある場合は医師に相談して適量を厳守するようにしましょう。

 

 

水素水の効能・『効果と口コミは?